きょこみのーと

元六本木でGo書いてました。今はVRでGo書いてます。

AnnictのAndroidアプリを久しぶりに機能追加などした

はじめに

約2年くらい前につくって、作りっぱなしだったAnnictterを長い時を経て改修しました。

(作ったときの記事は以下)

kyokomi.hatenablog.com

実は自分は作ってからずっと利用しているヘビーユーザーだったのですが、Androidのバージョンも10に上がって久しぶりに開発したくなったので色々足りてない機能を追加しようと決意し、とりあえずそこそこ機能追加してリリースし、今に至ります。

play.google.com

今回の記事で話すこと

技術的なことやアプリの内容についてなど結構色々話したいこともあり長くなりそうなので、技術的な話は別記事をあとで書きます。今回話すことは以下です。

  • 結局どういう風に利用していたか?
  • 不満とか改善したかった点
  • 今回改修した内容
  • 今後の予定

結局どういう風に利用していたか?

f:id:kyokomi:20191112213147p:plain
リリース時のblogより

とのことだが、こんな感じでした。

  • リストを同じ作品の複数話で埋めてしまい、途中で視聴を一時中断や視聴中止したくなる(これは想定どおり)
    • 一時中断や視聴中止したいが、ブラウザを起動してログイン -> 視聴中の一覧から探す -> ステータスを変更する のが面倒だった(なんかひと手間を感じてしまい、あとでまとめてやろっと〜って思ってしまいズルズルと...)
  • 結局四半期に1回棚卸し的な感じで来期のアニメをチェックしながら、今期はこれ途中で離脱してしまったな〜とかを振り返りながら、まとめてステータスを更新することになっていた(これはこれでいいんですが...)

f:id:kyokomi:20191112213737p:plain:w200
実質視聴が一時中断してる様子
(これはまだ視聴再開の見込みがある方、1話〜10話くらいまで全く見ないで並んでることもあった)

  • 結果、見たい -> 視聴中止見てる -> 視聴中止 をあとでまとめてステータス更新する運用になってしまい、 一時中断 を使いこなせていなかった。

不満とか改善したかった点

  • 一時中断のステータスをもっと活用して、やっぱ続きを見ようという流れを作りたい(思考停止して過去の名作に手を伸ばしがちなので...)
  • 来期これくるのか〜ってのをもっと早い段階で知って、準備(?)したい
  • 未視聴の話リストは、常に空リストになる感じの運用にしたい(一生タスクが整理できてない感)

今回改修した内容

作品一覧の表示・ステータス更新画面を追加

現在時刻を元に、前期、今期、来期をタブレイアウトで表示。 また、作品のステータスを一覧で確認できて、そこから編集できるようにしました。

f:id:kyokomi:20191112215137p:plain:w200f:id:kyokomi:20191112215300p:plain:w200
作品の一覧とステータス更新

BottomNavigationを追加し、視聴記録画面 -> 今期作品一覧を行き来しやすく

とりあえずサッと作品視聴ステータスを更新して、すぐに視聴記録の一覧に反映されるというのが最高です。

f:id:kyokomi:20191112220247g:plain:w250
ステータス更新して、視聴記録一覧へ反映

今後の予定

基本的に自分のAnnictの用途がスマホで、完結できるようにするのが目標です。

作品のチャンネル設定できるようにする

実はこれをちゃんとやらないと、未視聴話の一覧に反映されません。基本的には自動で設定されるの大体大丈夫なのですが、たまにWebサービスの視聴が設定されてしまい放送予定が未定だと一覧出てこないという状況になります。

f:id:kyokomi:20191112220727p:plain:w300
Webのチャンネル一覧
https://annict.jp/channel/works

見たい、見てるの一覧を見ながら以下を設定できる画面を実装する

  • 実は見なかった(見たい -> 未設定)
  • 数話みたが、もう見なさそう(見てる -> 視聴中止)
  • 今期〜来期の狭間で見るかも?(見たい・見てる -> 一時中断)

視聴記録時に「Twitterに投稿する」を選択できるようにする

Twitter見てる感じ、最近アニメあんまり見てない?」って昔からのアニメ仲間に言われたので、そんなことないよ!ってアピールをできるように(笑)

これはすぐ実装終わりそうなのでさっさとやる。誤爆しないようなUIにするのだけ注意する。

おわり

次回は、技術面について掘り下げて話していければと。 Androidアプリ開発久しぶりすぎて色々学びが多かったので。

では、みなさん良いアニメライフを!!!!